用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

マルチドメイン

  • 【バーチャルドメイン】

 ひとつのサーバーに複数のドメインを割り当てて使う技術、あるいはそうした使い方。バーチャルドメインとマルチドメインでややニュアンスが異なるが、実質的に同じものだと思っていい。

 ドメインは、インターネット上の住所を表す記号で、主にウェブサイトや電子メールで使われている。たとえば、この用語解説辞典を提供している NTTPCコミュニケーションズのドメインは nttpc.co.jp で、トップページの URL は http://www.nttpc.co.jp となっている。

 ウェブサイトを運営するには、ウェブサーバーと呼ばれるコンピュータを設置して、その中にウェブページ(いわゆるホームページ)のデータを保存する。そして通常は、ひとつのウェブサーバーに対してひとつのドメインが設定されている。

 一方、最近はひとつの企業でも事業内容ごと、あるいは製品ごとにホームページを作るケースが増えている。そのためには、サイト(ホームページ)の数だけドメインが必要になる。そして従来は、ドメインの数だけウェブサーバーが必要だった。

 しかし今は、バーチャルドメインと呼ばれる技術を使うことで、サーバーの中を分割し、それぞれの領域にドメインを設定して、複数のホームページを運営できるようになっている。この場合、本来のメインのドメイン(IPアドレスに対応したドメイン)はひとつで、その下に追加ドメインが設定されているイメージになる。

 この技術を、ひとつのサーバーの中で複数のドメインを使うという意味から、マルチドメインと呼ぶことも多い。

 バーチャルドメイン(マルチドメイン)を使うことで、物理的に複数のサーバーを設置したり契約したりする必要がなくなる。また最近のサーバーは大容量化しているので、マルチドメイン化することで空き容量を減らして効率的に利用すこともできる。また、サーバー自体は 1台なので管理の手間やコストの削減にもつながる。

 一方で、サーバーにトラブルが発生すると、その中で運営しているすべてのサイトに影響が及ぶといったデメリットもある。

まの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top