用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【マルチテナント】

 ITの分野でマルチテナントというと、同じシステムやサービスを複数の企業(ユーザー)が共有して使うこと。

 特に、SaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)に代表されるクラウドコンピューティングでは、マルチテナント方式が主流になっている。これを、マルチテナント型クラウドということもある。

 これに対して、利用する企業ごとに情報システムや、そのベースとなる環境(プラットフォーム)を構築して提供するサービスをシングルテナントという。

 クラウド型サービスの中でも、PaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)などの分野では、ハードウェアは共用でも、その上に仮想マシンを設定してユーザーごとに違う環境を提供するようなケースはシングルテナントといえる。

 シングルテナントの方が、カスタマイズなどの自由度と安全性が高い。ただし、コストと利用開始までの手間がかかる。一方、マルチテナントだと低コストで迅速に利用できるのがメリットといえる。

 なお、本来のマルチテナントは 1棟のオフィスビルに複数の企業が入居している、あるいはショッピングモール等にたくさんの店が入っている状態。これに対して、ひとつの建物に 1社あるいは 1店舗だけ入居している状態がシングルテナントになる。

まの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top