用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【マルチクラウド】

 基本的には、複数のクラウドサービスを組み合わせて使うこと。あるいは、そうした運用方式。

 クラウドサービスは、クラウド・コンピューティングと呼ばれる、インターネットや専用の通信回線で接続された外部のコンピュータ(サーバー等)を必要に応じて利用できるサービス。自社でサーバー等を用意する必要がないだけでなく、ソフトウェアのバージョンアップやセキュリティ管理もサービス提供者が行ってくれる。

 そのため、専任の IT管理者がいない中小企業でも利用しやすい。社内に技術者がいる大企業でも、より低コストでより質の高い情報システムを運用できるといったメリットがある。

 ただし現在は、さまざまなクラウドサービスが提供されていて、それぞれ特徴がある。たとえば、安全性や安定性が高い分、料金も高いサービス。専門性が高くて高度なサービスを利用できる反面、汎用性が低いサービスといった具合。汎用性が低いと、これまで使ってきた自社開発ソフトを利用できないといったケースが出てくる。

 また、すべてを外部のクラウドサービス(パブリッククラウド)に預けるのは不安だとして、自社や自社グループだけで利用するクラウドを構築していることもある。これを、プライベートクラウドという。

 こうしたさまざまな特徴があるクラウドサービスを、いくつか組み合わせて自社に最適な状態で利用することをマルチクラウドという。なお、パブリッククラウドとプライベートクラウドを併用する場合は、ハイブリッドクラウドということが多い。

 とはいえ、クラウドごとに運用方法や操作画面が異なるとエンドユーザーには使いにくい。そのため、複数のクラウドサービスをシームレスに(継ぎ目を意識することなく)利用できる技術が重要になっている。

まの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top