用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【プログラマブルロジックコントローラ】

  • PLC

 プログラマブルロジックコントローラは産業用の電子機器の一種で、これを略して PLC ということが多い。

なお、建物内に敷設された電気配線を使って情報通信を行う技術も PLC と略されている。これは、パワー・ライン・コミュニケーションの略で、別のページで解説しているので必要に応じて参照してほしい。

産業用、工業用の電気回路を組む際に使われてきた基本的な技術としてリレー回路と呼ばれるものがある。これは主に、手元の小さなスイッチで、より大きな機器のオン/オフを制御したり、稼働させる機器を切り替えたりするために使われてきた技術、あるいは仕組み。

しかし、設備や機器が大型化、複雑化するにつれてリレー回路の数が増えたり煩雑になったりしてきた。そのため、代替え装置として開発されたのが、プログラマブルロジックコントローラという機器で、一般にシーケンサと呼ばれることもある。

基本的には小型のコンピュータのようなもので、ソフトウェアで稼働する。そして、ソフトウェア(プログラム)を変更することで、膨大な量のリレー回路の置き換えや組み換えができる。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top