用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【プリセットホワイトバランス】

 デジタルカメラに搭載されている、簡単にホワイトバランスを切り替える機能。

 できたら先に、ホワイトバランス、オートホワイトバランス、色温度といった項目を見てほしい。

 さて、デジタルカメラで自然な色合いの写真を撮るには、ホワイトバランスという機能を上手に利用するといい。しかし、その概念を理解して使いこなすのはなかなか難しい。そのため、オートホワイトバランスのまま使っている人が多い。

 しかしオートホワイトバランスは、あくまでもカメラまかせ。そのため、必ずしもイメージどおりに撮れるとは限らない。あるいは、意図的にホワイトバランスを崩すことで色味をコントロールして印象の強い写真にすることもできる。

 そのため通常のデジタルカメラには、数種類のホワイトバランスが設定されている。たとえば、「電灯」「蛍光灯」「晴天」「曇り」といった感じ。そして、その時々の撮影状況に近い設定を選べば、それだけ失敗の可能性が減る。

 あるいは、意図的に異なる設定を選ぶことで印象深い写真を撮ることも可能だ。たとえば夕日を撮るとき、「電灯」を選ぶと赤みが薄れて昼間のような写真になる。逆に「曇り」を選ぶと、実際より赤みの強い写真を撮ることができる。

 さらに高級カメラには、より正確に色を出すために、その場で正しいホワイトバランスを手動で設定する機能が搭載されている。これを、マニュアルホワイトバランスという。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top