用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【プラガブル】

 プラガブル(Pluggable)は、プラグ(Plug)が可能(able)という意味で、「脱着できる」といった感じで使われる言葉。

 日本では、電源コードの差し込み口も、差し込む側もコンセントと呼ぶことが多い。しかし正確には、壁などに埋め込まれた差し込み口をコンセントといって、2~3本の金属が突き出た差し込む側の器具はプラグという。

 パソコンの世界では、USB が登場した際、それ以前のコネクターと違って「電源を入れたまま抜き差しできる」ということで、ホットプラグという言い方が広まった。

 また、あるソフトウェアに機能を追加するためのプログラムを、プラグイン・ソフトあるいは単にプラグインという。

 共通しているのは、必要なときだけつないだり追加したりして使い、用が済めば取り外す(切り離す)ことができるということ。これが、プラグおよびプラガブルの本来の意味だ。

 IT の世界では、このプラグの概念が広がって、現在ではハードウェアだけでなくソフトウェアやデータベースの分野でも、必要なときだけ接続したり連結したりできるプラガブルな製品やサービスが増えている。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top