用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【プライベートPaaS】

 大企業などが、自社専用のデータセンターやクラウド・コンピューティングの設備の中に設置したPaaS(パース)のこと。

 PaaSは、プラットフォーム・アズ・ア・サービス(Platform as a Service)の略で、本来はIT企業がインターネット上で提供している企業向けサービスのひとつ。

 PaaSの前にSaaS(サーズ=ソフトウェア・アズ・ア・サービス)と呼ばれるものがあって、これはIT企業が提供している業務用ソフト(アプリケーション)をインターネットなどの通信回線を通じて必要なときに必要なだけ使えるサービス。

 これを発展させて、各種業務用アプリケーションを開発して使うための土台(環境)から貸しましょう、インターネットを通じて必要なときに必要なだけ利用してください、というのがPaaSというサービス。

 とはいえ、インターネットを使ってアクセスし、不特定多数の企業が利用する共用設備は安全性や管理面に不安があるという会社もある。そのため大企業を中心に、自社あるいは自社グループだけが利用できるデータセンターやクラウド・コンピューティングを構築するケースが出てきた。これを、プライベート・クラウドという。

 そして、プライベート・クラウドの中に構築されたPaaSの環境(仕組み)をプライベートPaaSという。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top