用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【プライベート認証局】

 インターネットのような誰でも利用できる情報ネットワーク(通信回線)を使ってデータを送受信すると、途中で盗まれたり改ざんされる恐れがある。そのため、重要なデータを送る際は暗号化したり、途中で改ざんされていないか確認する仕組みが取り入れられてきた。

 こうした仕組みをデジタル認証とかオンライン認証といって、そのために必要な電子的な証明書を発行したり、その証明書の照合を行ったりする機関を認証局という。

 この認証局は、大きく分けて 2種類ある。まず、中立な立場で、あるいは認証サービス自体をひとつの事業として提供している認証局で、これをパブリック認証局という。

 これに対して、通信サービス会社などが用途やサービス内容に応じて独自に開設している認証局を、プライベート認証局という。

 プライベート認証局は、サービス内容や安全性の強さなどを必要に応じて設定したり変更したりできる。そのため、特定の企業内や特定の通信サービスで利用する場合はプライベート認証局の方が柔軟な運用ができる。

 一方、大手パブリック認証局が提供しているデジタル認証や証明書の仕組みは、あらかじめ主要なブラウザーソフトや電子メールソフトに組み込まれている。そのため、特に手続きや準備をしなくても認証サービスを利用できる。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top