用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ブローフィッシュ】

  • Blowfish

 Blowfish(ブローフィッシュ)は、秘密鍵暗号化方式、あるいは共通鍵暗号などと呼ばれるデータ暗号法のひとつ。ブロック暗号という方法を使っている。

 ブロック暗号は、まずデータを一定の長さに切る。この固定長のデータをブロックと呼ぶ。そして、このブロック単位で暗号化する。

 Blowfish の場合、ブロックの長さは 64ビット。鍵の長さは 32ビットから 448ビットまで選ぶことができる。鍵の長さを変えられることで、暗号がより強固になる。また、暗号化/複合化の処理速度が速いことも特徴とされている。

 なお現在は、Blowfish の発展型として開発された Twofish(トゥーフィッシュ)という暗号方式も使われている。Blowfish も Twofish も同じ研究者によって開発されたもので、どちらもライセンスフリーで公開されている。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top