用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【フィールド業務アプリケーション】


 フィールド業務とは、会社(オフィス)を離れて客先や現場へ行って行う仕事のこと。たとえば、現場工事、機器の設置、設備等のメンテナンス、荷物の配送、訪問営業、訪問介護、調査などがある。

 こうしたフィールド業務を支援し、作業効率を高めるための業務用アプリケーションソフトを一般に、フィールド業務アプリケーションという。ただし、この名称は固定的なものではなく、アプリケーションの提供者によって少しずつ呼び方や定義が異なる。

 たとえば、ひとつの現場作業が終わって次の現場へ向かうとき、あるいは現場で分からないことが発生したとき、会社に電話をかけたり電子メールを送って連絡をとることが多いだろう。

 逆に、会社から現場(フィールド)のスタッフに連絡や確認等がある場合も電話や電子メールを使うことが多いはずだ。

 フィールド業務アプリケーションを使うと、現場と会社、双方からの連絡はもちろん、現場で作業スケジュールを確認したり、資料を閲覧したり、簡単な操作で状況を報告するといったことが可能になる。

 あるいは、地図ソフトと連係させて現在位置や移動経路を確認したり、使い方によっては作業の進捗状況を確認するといったこともできる。

 フィールド業務アプリケーションを利用する際、現場(フィールド)のスタッフはスマートフォンやタブレット端末などのモバイル機器を使うのが一般的。また、アプリケーションを動かすためのサーバーは、クラウド化していることが多い。

 なお、こうしたアプリケーションでは具体的な業務内容や、ときには顧客の個人情報もやり取りする。そのため、セキュリティに対する十分な配慮が必要だ。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top