用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【フィーチャーフォン】

 明確な定義はないものの、スマートフォンが普及する直前に広く使われていた多機能な携帯電話機を一般にフィーチャーフォンという。

 フィーチャー(feature)は本来、顔の「目鼻立ち」といった意味。ここから派生して「特色」や「目立った特徴」といった意味もある。音楽グループが「○○ フィーチャリング◇◇」という場合のフィーチャーも同じ意味。また最近は、「□□をフィーチャーした~」といった言い方もする。

 さて、日本ではデジカメ機能はもちろん、赤外線通信や電子マネー、ワンセグ放送など、さまざまな機能に対応した高性能携帯端末が普及していた。海外の携帯電話機だと、これだけ多彩な機能を搭載した製品はまれで、日本独自の進化とされる。そして、こうした携帯電話機をガラパゴス・ケータイと呼ぶこともあった。

 いわゆるフィーチャーフォンは、目立った機能や特色を持った高機能携帯電話機という意味。実質的には、ガラパゴス・ケータイとほぼ同じ製品群と思っていい。

 また、スマートフォンの普及に伴って、従来型の高機能携帯電話を指す言葉として定着してきたということもあるだろう。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top