用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ファブレット】

 おおむね、画面サイズが 5インチから 7インチ程度のスマートフォンを一般にファブレットということがある。

 現在主流となっているタッチ操作式のスマートフォンの画面サイズは、当初、3~5インチくらいが標準だった。しかし、だんだん大きくなって 5インチを超える製品が増えてきた。

 一方、タブレット端末は画面サイズ 10インチ前後の製品が多かった。しかし、7インチ程度の製品が登場して一定の人気を得ている。

 そして、両者の中間で、画面サイズが 6インチ程度の製品が現れて、こうした製品をファブレットと呼ぶようになった。

 ファブレットは電話を意味するフォン(phone)とタブレット(tablet)を組み合わせた造語とされる。この意味では電話、つまり通話ができる端末ということになる。したがって、実質的には従来より画面が大きいスマートフォンともいえる。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top