用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ピン留め】

 ウィンドウズ8から使えるようになったウィンドウズの機能のひとつ。

 ウィンドウズ7までは、よく使うアプリケーションやファイルのショートカットアイコンを作ってデスクトップに並べておくことができた。しかしウィンドウズ8では、アプリケーションのアイコンがタイル方式に変わり、スタート画面から起動する方式が標準になった。

 そして、アプリケーションソフト(デスクトップアプリおよびストアアプリ)やウェブサイト、データファイルなどのタイルをスタート画面やタスクバーなどに登録することを「ピン留め」と呼ぶようになった。

 よく使うアプリやファイルをスタート画面にピン留めしておけば、簡単に起動できる。タブレット端末などをタッチ操作で使用している場合は特に利便性が高い。

 操作方法は、表示モードによって異なる。デスクトップモードでマウス等のポインティングデバイスを使っているなら右クリックから比較的簡単にピン留めできる。一方、データファイルのピン留めは手順が複雑で、あまり実用的ではない。

ひの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top