用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ビーコン】

 ビーコン(Beacon)は本来、狼煙(のろし)や灯台など煙や光で位置を特定したり位置情報を提供する装置や設備のこと。現在は、電波を使ったビーコンが普及している。

 たとえば、飛行機用のビーコンは地上から上空に電波を発信して飛行航路をガイドしている。カーナビゲーションシステムのビーコンは、道路からカーナビの機械に交通情報や渋滞情報などを送っている。雪山で雪崩に巻き込まれた人を探す雪崩ビーコンという機器もある。

 ただし最近、IT の世界でビーコンというと、スマートフォンなどの利用者に情報提供したり、居場所を特定したり道順を案内したり、飲食店でメニューを表示したり支払いができたり、そういった O2O(オー・ツー・オー)サービスを実現するシステムを指すようになっている。

 O2O は「オンラインからオフラインへ」という意味で、たとえばインターネットや近距離無線通信の技術を使って登録者のスマートフォンにお得な情報を送り(オンライン)、それを見た人に実際の店舗(オフライン)に来てもらうといった方式。

 ビーコンを使うと、特定のレストランや販売店の近くに来るとスマホの中の対応アプリが反応して、おすすめメニューや特売品情報が表示される。ショッピングモールなどでお客さんが今どこにいるか、どう移動したか分かる。飲食店ではお客さんのスマホにメニューを表示したり支払いに対応するといったことも可能になる。

 狭義では、こうした情報サービスのキッカケとなる最初のデータを発信する小型装置をビーコンという。ビーコンとお客さんのスマホの間は、BLE(ブルートゥースLE)という消費電力が極めて少ない通信方法でつなぐ。そのため、ビーコンをボタン電池で動かすことも可能。

 ビーコンからお客さんのスマホに識別データが届いたら、それを元に別途用意されているサーバーから実際の情報(メニューや特売品などの情報)が送られてくる。

 なお現在、こうしたビーコンの利用はアップル社が提供する iBeacon(アイビーコン)の対応が進んでいる。そのため一部では、iBeacon =ビーコンのように解説しているケースもみられる。

ひの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top