用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ビッグデータ解析】

 ビッグデータ(Big data)は、別のページでも説明しいるように、時々刻々と生まれ続ける巨大なデジタル情報の総称。従来型のデータベースに記録された情報量よりはるかに膨大で、しかも非定型なデータの集合体といえる。

 たとえば世界的な SNSサービスの場合、何億人という人が 24時間休みなく文字や画像を投稿し続けている。同時に、そのサービスを誰がどのくらい利用したか、といったログ情報も自動的に記録されている。

 オンラインショッピングのサイトも同様だ。誰が、いつ、どんな情報を見たか、何を買ったか、そうした情報が大量に蓄積され続けている。あるいは、銀行などの取引記録、クレジットカードの利用記録なども膨大なデータを生み続けている。

 ほかにも、たとえば高速道路の ETC の記録によって、どこを何台の車が通過したか分かる。今はスマートフォンに GPS機能が搭載されているので、その情報を集めると人の分布や流れが分かる。

 自動的に観測される気象データなども増え続けている。そもそも今の天気予報は、スーパーコンピュータを使って気象データを解析している。そのため、これらのデータ量も膨大だ。

 さらに今後、IoT(モノのインターネット)が進むと、自動的に収集・蓄積されるデータの量が一段と増える。

 こうした、とんでもない量のデジタル情報を一般にビッグデータという。しかも、そのほとんどは従来のデータベースのように項目ごとに整理された定型データではなく、非定型のデータだ。

 とはいえ、単に膨大なデータを収集しただけでは価値がない。こうした非定型の膨大なデータから、規則性や法則を見つけてビジネスやサービス向上に生かすことが肝要だ。そのための研究が進んでいる。

 その結果、生まれてきたノウハウや技術、あるいはサービスをビッグデータ解析あるいはビッグデータ分析という。ただし扱う分野や情報の種類が広いし、その活用方法もさまざま。そのため、具体的なビッグデータ解析の内容も多様で、明確に定義するのは難しい。

ひの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top