用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ハードウェア仮想化】

 コンピュータは、一組のハードウェアと基本ソフト(OS)を組み合わせた状態で動くのが基本で、その上で目的に応じたアプリケーションソフトを使うのが一般的な使用法といえる。

 しかし IT の進化とともに、1台のコンピュータの中で複数の基本ソフトを動かして、あたかも複数のコンピュータのように使うケースが増えてきた。このような使い方を実現する技術として仮想化がある。

 仮想化は個人向けパソコンでも可能で、たとえばウィンドウズの上に仮想的な Mac を作って OS X を動かす、逆に Mac の中に仮想的なウィンドウズ・パソコンを作るといったことができる。

 さらに進んでいるのがサーバーで、1台のサーバーマシンの中に複数の仮想サーバーを作って目的別に使い分ける、逆に複数のサーバーを統合して仮想的に 1台のサーバーとして運用するといったことができる。

 特にクラウドサービスの分野では、データセンターに設置されたサーバー群をさまざまな方法で仮想化してユーザーに提供している。

 個人向けパソコンからデータセンターまで、これらの仮想化の技術として一般的なのが、ハードウェア仮想化と呼ばれる方式だ。

 コンピュータは本来、CPU、メモリー、ハードディスク等のハードウェアと OS が連係しながら動く。仮想化して複数のパソコンやサーバーとして使うときも、ベースとなるハードウェアは一組しかない。

 そこで、ベースとなるコンピュータの中に、特殊なソフトウェアで仮想的なハードウェア(CPU、メモリー、ハードディスク等)を作る。この技術、あるいは方式をハードウェア仮想化と呼んでいる。

 ハードウェア仮想化を使った仮想化技術として、ホスト型仮想化やハイパーバイザ型仮想化がある。ハードウェア仮想化以外の方法としては、OS仮想化と呼ばれる方式がある。

はの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top