用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ハイブリッド・クラウド】

 ハイブリッド・クラウドの「クラウド」は、クラウド・コンピューティングのこと。つまり、インターネットに接続された、世界のどこかにあるコンピュータ(サーバー等)を利用することだ。このような方式を、パブリック・クラウドともいう。

 一方、クラウド・コンピューティングは便利だけど、会社の重要データをどこにあるか分からないサーバーに預けたり、情報処理を依存するのは不安だと考える人もいる。そのため大企業では、社内や関連会社だけで運用するクラウドを整備していることがある。これを、プライベート・クラウドという。

 ハイブリッド・クラウドは、このパブリック・クラウドとプライベート・クラウドを組み合わせたもの。

 パブリック・クラウドの特徴は、手軽で低コスト、そして簡単に拡張できること。一方、信頼性の面では不安を感じるケースもあるだろう。プライベート・クラウドは自社内、あるいは目の届くところにあるので安心感が高い。しかし、拡張やメンテナンスの手間は自己負担となる。

 そこでハイブリット・クラウドでは、両者の良い面を組み合わせて利用する。たとえば、重要なデータはプライベート・クラウドに保存して、重要度が低いデータはパブリック・クラウドに保存する。あるいは、国内向けサービスにはプライベート・クラウドを利用して、海外向けサービスにはパブリック・クラウドを利用するといった感じ。

 もちろん、こうした組み合わせは無数にあり、柔軟に対応(運用)できることが求められる。

はの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top