用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ハイブリッドフラッシュアレイ】

  • ハイブリッドアレイ

 HDD(ハードディスクドライブ)と SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)を組み合わせた大容量の記憶装置。

 アレイ(Array)を辞書で引くと、「整列させた」といった意味が出てくる。IT 業界では、複数の HDD を整然と並べて連結させた大規模な記憶装置をアレイと呼んできた。

 HDD は大容量化が進んだものの、アクセススピードなどは CPU など他の装置に比べて進化が少ない。つまり、相対的にデータの読み書きが遅くなってきた。また、物理的にディスクを回転させてヘッドでデータを読み書きするので故障のリスクもある。

 そのため、次の記憶装置として SSD が少しずつ普及してきた。これは、電気の供給が止まってもデータが消えない NAND型のフラッシュメモリーを使って HDD の代わりにソフトウェアやデータを記録できるようにしたもので、一部のノートパソコンでも使われている。

 SSD は、HDD に比べて読み書きが速く、消費電力が少ないといったメリットがある。しかし HDD に比べると、記憶容量あたりの単価が高い。また以前は、大量に供給するのが難しい状況もあった。

 こうしたことから、従来の HDD と、新しい SSD を組み合わせたハイブリッド型のアレイ(ストレージ)が出てきた。これを一般に、ハイブリッドアレイとかハイブリッドフラッシュアレイと呼んでいる。

 たとえば、利用頻度が高いデータは読み書きが速い SSD に保存し、あまり使わないデータや長期保存データはコストの安い HDD に保存するといった使い分けによって、SSD と HDD それぞれの長所を生かすことができる。

はの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top