用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ハイパーバイザ型仮想化】

 コンピュータは、一組のハードウェアと基本ソフト(OS)を組み合わせた状態で動くのが基本で、その上で目的に応じたアプリケーションソフトを使うのが一般的な使用法といえる。

 しかし IT の進化とともに、1台のコンピュータの中で複数の基本ソフトを動かして、あたかも複数のコンピュータのように使うケースが増えてきた。このような使い方を実現する技術として仮想化がある。

 仮想化の方式として一般的なのが、本来のハードウェアと本来の OS(ホストOS)の上に、仮想的なコンピュータを構築する方法。こうした方式を、ホスト型仮想化あるいはホストOS型仮想化という。

 ホスト型仮想化は、仮想化されたコンピュータからホストOS を通して大元のハードウェア(CPU、メモリー、ハードディスク等)の機能を使う。そのため、どうしても反応が遅くなる。

 これを改善するために、ホストOS の代わりにハイパーバイザという仮想化専用のソフトウェアを使う方法がある。この方式を、ハイパーバイザ型仮想化と呼んでいる。

 ハイパーバイザ型仮想化の場合、ホスト型仮想化より直接的に仮想コンピュータから大元のコンピュータのハードウェアにアクセスできる。そのため、ホスト型仮想化より遅延が少ない。

 一方、ホストOS が存在しないので、大元のコンピュータで別の作業をすることはできない。最初から、複数の仮想コンピュータを動かすためのコンピュータとして設定される。

 なお、ハイパーバイザ型仮想化よりさらに遅延が少ない方式として、OS仮想化あるいはコンテナ型仮想化と呼ばれる方法がある。

はの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top