用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ハイパーバイザー】

 仮想サーバーを構築する際に使われるプログラム(ソフトウェア)の一種。

 従来、仮想サーバーを作るには、まず物理的なサーバーにそのサーバーを動かすための OS(基本ソフト)を入れて、その OS上に仮想サーバーを構築するためのソフトウェアを置いていた。そして、その仮想サーバー用の OS をインストールして運用する方式が一般的だった。

 しかし、これだと仮想サーバー内の OS やアプリケーションと、物理サーバーの OS やハードウェアとの間で、データの送受信に僅かな遅れが発生したりする。

 そのため最近は、物理サーバーに OS を入れないで、代わりにハイパーバイザーと呼ばれるプログラムを置いて、その上に仮想サーバーを構築して提供するサービスが登場している。こうした方式のサーバーをベアメタルサーバーといって、ベアメタルサーバーで提供されているクラウドサービスをベアメタルクラウドという。

 ハイパーバイザーはサーバーOS より軽いので、メモリーなどの消費量が少なくて済む。また、ベアメタルサーバーは従来方式に比べてデータ送受信の遅延が起きにくい。

はの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top