用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ドライブ・バイ・ダウンロード】

 ウェブサイト(いわゆるホームページ)を開いただけで、閲覧者のパソコンにウイルスなどのマルウェアを送り込む手法。

 一般的には、普通のウェブページを閲覧しただけでマルウェア(コンピュータ・ウイルス、トロイの木馬、スパイウェアなどの悪質なソフトウェア)に感染するようなことはない。

 しかし、特定のページに悪意ある仕掛けが施されていて、そのページを開いただけで自動的にマルウェアがダウンロードされるよう設定されていると、気づかないうちに悪質なソフトウェアを自分のパソコンに送り込まれてしまう可能性がある。

 しかも従来、こうした悪質な仕掛けはアダルトや裏情報など怪しいサイトに仕組まれているのが普通だった。しかし最近では、悪意のある第三者が一般的なサイトに不正アクセスして、そのサイトの管理者も気づかないうちに仕掛けているケースがある。

 ドライブ・バイ・ダウンロードによってマルウェアを送り込み、それをパソコン内で活動させるために、ブラウザーソフトや基本ソフト(OS)のセキュリティホール(欠陥)が利用されることが多い。

 そのため、ウイルス対策ソフトを使うことに加えて、ブラウザーや基本ソフト、さらにはブラウザーと連係して動く関連ソフト(たとえば、アドビ・リーダーやフラッシュなど)も常に最新の状態に保つことが大切だ。

との一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top