用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【トラステッド・プラットフォーム・モジュール】

  • TPM

 一部のパソコンやサーバーに搭載されているセキュリティチップ(セキュリティ専用の半導体部品)。トラステッド・プラットフォーム・モジュール(Trusted Platform Module)を略して、TPM ということが多い。

 TCG(Trusted Computing Group)という業界団体が規格を策定し、ウィンドウズはビスタ以降に対応している。サーバーOS の場合は、ウィンドウズサーバー2008 から対応した。

 現在、パソコンをはじめとする情報機器には多種多様な情報が記録されている。その中には秘匿性が高いものも多い。また、電子メールなどを使って重要な情報を送受信することもあるし、各種インターネットサービス(ウェブサービス)の利用も拡大している。

 これらの情報を守るために、データ自体を暗号化したり、データを送受信する際やウェブサービスにログインする際にその情報を暗号化したり、ログインするための認証方法を複雑化したり、さまざまな工夫が行われている。また、そのための技術が開発されてきた。

 とはいえ、たとえばパソコン内のハードディスクに暗号化に必要な情報やソフトウェアが保存されていると、そのパソコンに不正ログインされた際に盗まれる可能性がある。つまり、セキュリティを確保しにくい。

 そのため、パソコン内にセキュリティ専用の部品を入れて、その中に秘密鍵と呼ばれる暗号用データや、暗号化に使う乱数発生装置などを保存しておく。そして、その部品の中は一切見ることができない、また内容を書き変えることも出来ないようになっている。このような専用部品を TPM という。

 TPM は、ウェブサービスを安全に利用する際にも利用できるし、ウィンドウズパソコンの各ドライブを暗号化する際にも利用できる。たとえば、前者はマイクロソフトパスポートというサービスに、後者はビットロッカーと呼ばれる機能に対応している。

との一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top