用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【データベース・アズ・ア・サービス】

  • DBaaS
  • ディービーアース

 データベース・アズ・ア・サービス(DataBase as a Service)は、クラウド・コンピューティング方式で提供されているデータベース機能、あるいはそうしたサービス。DBaaS と略して、「ディービーアース」と読むことが多い。

 特に企業では、顧客管理や商品管理など大小さまざまなデータベースを使って情報を管理している。そして従来は、自社で用意したサーバーに目的に合わせたデータベースを構築するのが一般的だった。しかし、その構築と管理・運用には手間がかかる。

 一方で、クラウド・コンピューティングの普及とともに、SaaS や PaaS と呼ばれるサービスが広まってきた。

 SaaS はソフトウェア・アズ・ア・サービスの略で、クラウドサーバーの中にあるソフトウェアを必要なときに必要なだけ通信回線などを通じて使えるサービス。PaaS は、そうしたソフトウェアを開発・提供するためのプラットフォームから提供するサービスだ。

 同様に、クラウドサービスを提供する IT企業がサーバー内にデータベースを用意しておいて、利用者は必要なときに必要なだけ使える、というのが DBaaS と呼ばれるもの。

 主なメリットとして、まずデータベースが必要になったとき素早く立ち上げることができる。一般に、データベースの管理は複雑で手間がかかるといわれている。しかし、DBaaS ならサービスを提供する IT企業が管理作業をしてくれる。

 データベースは、使っていくうちに規模が大きくなることも多い。そんなときは柔軟に拡張できる。そして不要になったら、すぐに利用を停止できる。逆に、テスト運用などのために最初から短期間の予定で使用することも可能だ。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top