用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【チケット駆動開発】

 コンピュータ・プログラム(ソフトウェア)や情報システムを開発するとき、誤りや問題点を効率よく管理して修正する手法。チケット駆動管理を英語で Ticket-Driven Development といって、TiDD と略す。

 今は、ソフトウェアが大型化しているので、その構造や開発も複雑化している。そこで、ひとつひとつの作業をチケットという単位に分解して管理・開発していく方法が登場してきた。このような方法を、チケット駆動開発という。

 そのベースにあるのが、BTS(バグトラッキングシステム)と呼ばれるもので、ソフトウェア開発中に発生した不具合(プログラムの誤り)をチケットと呼ばれる単位で管理して修正していく。

 また、バグだけでなく開発中に発生するさまざまな問題を同様にチケット単位で解決していく ITS(課題管理システム)という方法もある。

 そして、これら BTS/ITS を駆使して効率的にソフトウェア開発を進めること、あるいは BTS/ITS の発展形として開発作業全体をチケット単位で管理していく方法をチケット管理開発という。

ちの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top