用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ステップメール】

 あらかじめ用意しておいた複数のメールを、あらかじめ設定しておいたスケジュールで、複数の相手に自動的に送信する仕組みやサービス。あるいは、そのような方法で送られてくるメールのこと。

 たとえば自社のウェブサイトにメルマガ登録のフォームがあるとしよう。通常は、新規申し込みがあると、定期的に配信しているメルマガが新しい登録者にも送られるようになる。この場合、長く購読している人にも、新しい人にも同じ情報が届く。 一方、こういったケースもある。

 1通目:登録した日に、登録に対するお礼のメールが届く。
 2通目:翌日、メルマガの第1号が届く。
 3通目:その 2日後に、メルマガの第2号が届く。
 4通目:その 3日後に、メルマガの第3号が届く。
 5通目:その 6日後に、次のステップへ進むための案内が届く。

 どのタイミングで読者が登録するか分からない。そのため人間が、上記のような不定期な間隔でメールを送ろうとすると、どの読者に何号まで送ったか管理するのに大変な手間がかかる。

 しかしステップメールを利用すれば、最初に上記のような内容と配信スケジュールを登録しておくと、あとは自動的に配信される。もちろん翌日、別の人が新たに登録すると、1日ズレた状態で同じ間隔で 5通目まで自動的に配信される。 上の例では 12日間に 5通だけど、実際には配信するメールの数も、その間隔も自由に設定できる(ただし、ソフトやシステムによって制限がかかることがある)。

 ステップメールは、いろいろなサービスに利用できる。ただし実際には、自社の商品やサービスに関心がある人に対して段階的に情報提供することで購入意欲を高めたり、商品やサービスを購入した人に対するアフターフォローの手段として利用されることが多いように思う。

すの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top