用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【システム災害復旧】

  • DR
  • ディザスターリカバリー

 ディザスターリカバリー(Disaster Recovery)を略して、DR と表記することがある。これを日本語に訳すと「災害復旧」、しかし特に情報システムや通信システムの災害復旧という意味で「システム災害復旧」ということもある。

 ディザスターリカバリー(災害復旧)とは、文字どおり災害の被害から情報システムなどを復旧させること。素早く復旧させるための対策や準備、そうした対応が施された機器、さらに実際に災害が発生したときの対処法などを含んだ言葉として使われている。

 現在は、ビジネスも日常生活も情報システムや通信システムに大きく依存している。こうしたシステムを脅かす災害として、火事や落雷、水害、大地震、大津波など、さまざまな種類や規模のものがある。

 しかし万一のとき、一刻も早い復旧が望まれるのは同じ。いち早くビジネスを再開できることが信頼性の向上につながるし、復旧できないデータやシステムがあるとビジネス再開の障害になる。

 そこで、あらかじめ復旧しやすい機器を選んだり、復旧しやすい構成にしておく。被害を受けた場合は、その程度に応じた適切な復旧方法を考えておく。そうした準備をしておく。これらすべてを含んだ概念としてディザスターリカバリーといわれることが多い。

 具体的には、常にデータのバックアップを取るといった基本的なことから、遠隔地のサーバーとデータを同期させるといった運用まで含まれる。あるいは、火事や水害にあったハードディスクからデータを読み出す技術や、そもそもそういった被害にあってもデータを失いにくい設備など、ハード面での対応も含まれる。

しの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top