用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【コンティニュアム】

  • Continuum

 Continuum(コンティニュアム)は本来、「連続したもの」といった意味の英単語。パソコン関連でこの言葉が出てきたら、ウィンドウズ10 に搭載された使用状況に合わせて画面表示が変わる機能と思っていい。

 ウィンドウズ10 は、大画面のパソコンからタッチ式のタブレット端末、画面が小さなスマートフォンまで対応してる。また、キーボードを付けるとノートパソコンになり、外すとタブレット端末として使える 2 in 1 型の機器にも搭載されている。

 こうした状況のなか、主に 2つのケースについてコンティニュアム機能が紹介されることが多い。

 まず、ウィンドウズ10 を搭載したスマートフォンをパソコン用ディスプレイやパソコン画面の表示が可能なテレビにつなぐと、スマホ用の画面からパソコン用ウィンドウズ10 の画面に切り替わる。接続には、Display Dock(ディスプレイ・ドッグ)と呼ばれる機器が必要で、キーボードやマウスはブルートゥースなどの無線に対応したものが使用できる。

 その結果、スマートフォンを実質的にパソコンに近いかたちで使うことができる。自宅で少しパソコン作業をしたいときや、出張先のテレビでパソコン作業をしたいといったときに便利だ。また、プロジェクターにつないでプレゼンに使うといったことも可能。

 ただし、あくまでも画面がパソコン用に変わるだけで、機能はウィンドウズ10 搭載のスマートフォンのまま。そのため、デスクトップアプリが使えるわけではないし、複数のソフトを切り替えて使うこともできない。一方、こうした使い方をしている最中でもスマートフォンで電話をかけることができる。

 もうひとつの例として挙げられるのが、前述の 2 in 1 タイプの機器を使っているとき。キーボードを外すと、ウィンドウズ10 がそれを認識してタッチ操作に適したタブレットモードに切り替えるか聞いてくる。キーボードを付けると、逆にデスクトップモードに戻すか聞かれる。毎回確認するのが面倒なら、自動的に切り替わるようにすることも可能。

この一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top