用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【コミュニティクラウド】

  • Community Cloud

 一般的には、同種の企業が共同で構築し、運用しているクラウド・コンピューティングの仕組みをコミュニティクラウドという。

 クラウド・コンピューティングは、インターネット上のどこかに置かれたサーバーにデータを預けたり、サーバー内に用意されたアプリケーションソフトや機能を必要に応じて利用するサービス。

 一般のクラウド・コンピューティングは、インターネットという誰もが使う回線でアクセスし、サーバーやアプリケーションソフトも不特定多数の人や企業に対して提供されている。そのため、情報の傍受や流出といったリスクを考慮する必要がある。

 そこで大企業を中心に、自社で運営するデータセンター等にクラウド・コンピューティングの仕組みを構築し、社内あるいはグループ会社だけで利用する方式が登場してきた。これを、プライベート・クラウドという。それに対して従来の誰でも使える方式をパブリック・クラウドという。

 コミュニティクラウドは、この2方式の中間のようなもの。たとえば、複数の金融機関が共同でクラウド・コンピューティングを構築するといったスタイル。これによって、費用はパブリック方式に近く、安全性はプライベート方式に近い状態を実現できる。

 なお、こうした一般的な意味とは別に、セールスフォース・ドットコム社が提供しているCommunity Cloud というサービスを指して、コミュニティクラウドということもある。

 セールスフォース・ドットコム社のコミュニティクラウドは、企業内の各部門の担当者、販売代理店のようなビジネスパートナー、さらに顧客まで含めて情報を共有するための複数の情報システムをクラウド方式で提供するサービスで、一般的な意味のコミュニティクラウドとは異なる。

この一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top