用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【キャッシュDNSサーバー】

  • DNSキャッシュサーバー

 DNSキャッシュサーバーでもキャッシュDNSサーバーでも、語順が異なるだけで同じものを指す。

 DNS はドメインネームシステムの略で、インターネットに接続されているコンピュータの住所を参照する仕組み。インターネット上の住所を表す IPアドレス(IPv4)は、ピリオド(.)で区切られた 4つの数字で示されている。これは、コンピュータには好都合だけど人間には覚えにくい。

 そこで人間は通常、「www.******.co.jp」といった感じのドメイン名でコンピュータ(サーバー)を指定する。そして、そのたびにドメイン名と IPアドレスを照合する仕組みになっている。これを DNS といって、そのための専用コンピュータを DNSサーバーという。

 つまり Webサイトを開くときは、毎回、DNSサーバーに対して「www.******.co.jp の IPアドレスは何番ですか?」と問合せている。この作業を分担して実行するため、インターネット上には多くの DNSサーバーが置かれている。

 しかし毎回、外部の DNSサーバーに IPアドレスを問い合わせるとインターネット上を流れるデータ量が増える。

 そこで、たとえば大企業の社内ネットワークと外部(インターネット)との接点や、プロバイダー(ISP)などの要所に DNSサーバーのデータをしばらく(一時的に)保管しておくサーバーを設置しておく。すると、本来の DNSサーバーへの問合せ回数が減って負荷を軽減できる。

 この DNSサーバーの情報を一時保管するサーバーをDNSキャッシュサーバーとかキャッシュDNSサーバーと呼んでいる。

 なお、単にキャッシュサーバーといった場合、似たような仕組みで Webページの情報を一時保管しておく Webキャッシュサーバーを指すことが多い。

きの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top