用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ガラホ】

 ガラホとは、ガラパゴス・ケータイ(いわゆるガラケー)とスマートフォン(スマホ)を合わせた造語。

 スマホが普及する前、日本ではガラケーと呼ばれる携帯電話端末(電話機)が広く使われていた。これは、独自の OS(基本ソフト)を使い、インターネット接続のほか、デジタルカメラやワンセグ放送、電子マネーなどさまざまな機能を搭載した多機能な電話機。

 しかし海外では、こうした多機能モデルはあまり需要がなく、シンプルで安価なモデルが普及していた。そのため日本独自の、ガラパゴス化した携帯電話機という意味でガラケーと呼ばれてきた。

 その後、スマホが普及して販売台数がガラケーを上回るようになった。しかしユーザー数で見ると、ガラケーを使い続けている人も多く、通話はガラケー、ネット利用はスマホという 2台持ちの人もいる。

 携帯電話会社(キャリア)と電話機メーカーとしては、需要が減るガラケーの部品を確保して生産を続けるのはコスト的に厳しい。一方、ガラケーユーザーは使い慣れたガラケーを使い続けたい(スマホに移行したくない)。

 こうした状況を受けて、見た目や機能は従来のガラケーのまま、しかし中身はアンドロイドOS を使ったスマホという端末(電話機)が登場した。こうした端末をガラケー型スマホ、つまりガラホという。

 二つ折りの本体に物理的なボタンが付いていて、外見は完全にガラケーに見える。そして、ガラケーで提供されてきた機能を再現している。ただし、従来のガラケーでは利用できなかった SNS に対応するなど、ガラホならでの機能も追加された。

かの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top