用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【オートホワイトバランス】

  • AWB

 デジタルカメラやデジタルビデオカメラに搭載されている機能。これによって自動的に白を白として認識し、自然な色合いの画像や映像を撮影できる。オートホワイトバランス(Auto White Balance)を略して AWB と表記されることが多い。

 ホワイトバランスは別のページでも説明しているように、撮影時の光の状況に応じて写真の色合いを調節する機能。できれば、色温度のページも参照してほしい。

 たとえば、電球の下や夕日の中で写真を撮ると赤みが強くなる。逆に、早朝や曇天の光の中で撮ると青みの強い写真になる。蛍光灯の下で撮ると、全体に緑がかることが多い。

 こうした、いろいろな条件下で自然な色合いの写真や映像を撮れるように、カメラが自動的に色合いを調整する機能が搭載されている。これがオートホワイトバランスと呼ばれるもので、通常はオートホワイトバランス(AWB)に設定しておけば、おおむね上手く撮れる。

 しかし、オートホワイトバランスに頼りすぎると逆に味わいのない写真になることがある。たとえば夕日を撮るとき、自動的に補正されて赤みが減り、昼間のような色合いになることが多い。

 電球の色で暖かさを演出したり、青みの強さで早朝の雰囲気を強調したいときもある。こうしたときも、オートホワイトバランスだと色合いが補正されてしまう。

 そのため、あらかじめ数種類のホワイトバランスをカメラ側に用意しておいて、状況に応じて選択できるようになっている。これを、プリセットホワイトバランスという。

 さらに高級カメラでは、撮影現場で手動でカメラに白を白として認識させることで正確な色出しをすることもできる。この機能を、マニュアルホワイトバランスという。

おの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top