用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【オフィス365ソロ】

  • Office 365 solo

 まず、Microsoft Office 365(マイクロソフト・オフィス365)というサービス(製品)がある。これは、マイクロソフトの主要ソフトのひとつ、オフィス(ワードやエクセルなどのビジネスソフトをワンパッケージにしたもの)を 1ヶ月単位または 1年単位の契約で使用するもの。

 1ユーザーあたり、最大 5台のパソコン(マックを含む)に最新のオフィスソフトをダウンロードして使うことができる。ほかに、スマートフォンやタブレット端末でもモバイル用オフィスソフトを使用できる。さらに、オンラインストレージや電子メール、社内向けサイトの制作など多様なクラウドサービスを利用できる。

 ただし、オフィス365は基本的に企業向けのサービスで、必要な人数分のライセンスを購入する方式になっている。

 これに対して Office 365 solo(オフィス365ソロ)は、オフィス365 の個人向けにサービスに相当する。 2台のパソコン(マックを含む)でオフィスソフトを使用できるほか、オンラインストレージの使用権や Skype(スカイプ)を利用した月60分までの無料電話が付く。また、スマートフォンやタブレット端末でモバイル用オフィスソフトの使用も可能。

 料金は、企業向けオフィス365 と同様、1ヶ月または 1年単位で支払う。また、契約中は常に最新版のオフィスソフトを使用できる。

おの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top