用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【イーパブ】

  • EPUB

 EPUB(イーパブ)は Electronic PUBlication の略で、電子出版や電子書籍の世界的な標準規格。epub や ePub と表記されることもある。

 電子書籍には、さまざまな方式がある。いろいろな企業が独自に規格を策定したためだ。しかし、これではコンテンツの開発にも管理にも手間がかかるし、他社の機器では読めないなどユーザーにも不利益が多い。

 そこで、アメリカの IDPF(International Digital Publishing Forum=国際電子出版フォーラム)という業界団体が策定し、普及を進めている規格が EPUB だ。シンプルかつオープンな(公開された)規格なので採用する企業が増え、特に英語圏では標準規格になりつつある。

 EPUB の基本は、インターネットのウェブページ制作に使われている HTML、XHTML、XML に基づいて作成されたコンテンツ。それを一定のルールでフォルダに収めて zip」形式で圧縮する。そして、その圧縮ファイルの拡張子を「.epub」に書き換えた状態で流通させる。

 読者は、この圧縮ファイルをダウンロードして、手持ちの表示端末で電子書籍を読む。端末の画面サイズなどに応じて表示が柔軟に変化するほか、ウェブページと同様に画像など盛り込むこともできる。

 ただし日本の出版物には、縦書き、禁則、ルビといった独自の複雑な書式がある。当初の EPUB は、こうした書式にはまったく対応していなかった。2011年には EPUB 3.0 が公開されて、こうした日本独自のルールのほか、中国語やアラビア語にも対応するとされていたが、まだ完全ではない。

いの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top