用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【インターネット(IPv6 IPoE)】

  • IPv6 IPoE接続

 NTT東日本/西日本が提供している光回線(フレッツ光ネクストなど)を使って、IPv6方式でインターネットに接続するサービスのひとつ。インターネット(IPv6 IPoE)接続を略して、IPv6 IPoE接続ということもある。

 従来、インターネットはIPv4という方法で、接続された機器を識別してきた。 しかし、インターネットの利用拡大とともに、IPv4では識別番号が不足してきた。そのため現在は、IPv6という方式へ移行しつつある。

 NTT東日本/西日本の光回線サービスでもIPv6への対応が進められて、2014年現在、インターネット(IPv6 PPPoE)とインターネット(IPv6 IPoE)の2方式が提供されている。

 従来のIPv4では、PPPoEという方式で通信を確立してきた。インターネット(IPv6 PPPoE)は、この方式を踏襲したもので、従来のIDとパスワードでIPv6のサービスを利用できるメリットの反面、機器の追加や通信回路が複雑といったデメリットがある。

 これに対してインターネット(IPv6 IPoE)は、接続がシンプルでインターネットの基本に準じた方式といえる。そのため、ネイティブ方式と呼ばれることもある。

 ただし利用の際は、まずNTT東日本/西日本でオプションの手続きをして、その後、対応する接続業者に申し込むといった手順を必要とする。開通後は、従来どおり特に意識することなく利用できる。

いの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top