用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【アイス】

  • ICE
  • インサーキット・エミュレータ

 ICE は、In-Circuit Emulator(インサーキット・エミュレータ)の略で、コンピュータの CPU の開発で使われている特殊な装置。ICE は、アイスと読むのが一般的。

 CPU は、物理的なハードウェアと、その中で動くソフトウェアの組み合わせで機能する。そして ICE を使うと、開発中のハードウェアとソフトウェアを同時に検査して不具合を見つけることができる。

 具体的には、CPU を差し込むソケットに ICE の機能を持ったホストコンピュータを接続する。そして、仮想的なハードウェアの中でソフトウェアを走らせる。そして、ソフトウェアに不具合があれば、その場で止めて問題の個所を特定し、修正することが可能だ。

 このように特定のハードウェアの代理をすることをエミュレーションといって、そうした機能を持った機器をエミュレータという。また、開発中のソフトウェアを走らせて問題点を見つけて修正することをデバッグという。

 ICE は、その両方を同時にできるのが特長といえる。

あの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top