用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【音響カプラ】

 かつて、電話回線を使ってパソコンのデータを送受信するために使われていた道具のひとつ。

 具体的には、パソコン通信による電子メールの送受信などに使っていた(音響カプラが使われていたころ、インターネットはまだ一般化していなかった)。

 今は、モジュラージャックを差し替えて簡単にモデムと電話回線を接続できる。しかし昔は、できなかった。そのため音響カプラという機器を受話器に固定して、音響カプラから音を出して、その音でデータを送信するという方法を使っていた。

 そのため周囲に雑音があると途切れてしまうとか、通信速度が遅いなど問題も多かった。

 現在では、モジュラージャックが普及しているため、音響カプラが使われることはほとんどない。しかし、つなぎ換えができないホテルの電話とか、通信事情が悪い海外から電子メールを送らなくてはならないときの最後の手段(というか保険)として用意している人もまだいる(と思われる)。

おの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top