用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【露出】

 ここでは、写真用語の露出を説明している。具体的には、フィルムに光を当てること。あるいは、どのくらい光を当てるかということ。デジタルカメラの場合は、フィルムの代わりに CCD や CMOSセンサーに光を当てる。

 そして、光を当てすぎると写真が白く飛んでしまう(ネガフィルムは黒くなる)。光が足りないと写真が暗くなる(ネガフィルムは透明になる)。ちょうどいい量の光を当てないといけない。デジタルカメラでも同様だ。

 ちなみに、光が当たりすぎて白くなった写真を露出オーバーという。光が足りなくて暗い写真は露出アンダーという。そして、ちょうどいい写真を適正露出という。

 光の量(露出)を決める要素はふたつある。まず、絞りという機能を使ってレンズを通り抜けてくる光の量を調整すること。それと、シャッタースピードを調整して、光が当たる時間を調整すること。実際には、絞りとシャッタースピードの組み合わせで露出が決まる。

 絞りの数字が大きくなると、それだけレンズを通り抜ける光の量が少なくなる。たとえば、F2.8からF4にすると光の通り道の面積が半分になって、通り抜ける光の量も半分になる。

 シャッタースピードを速くすると、それだけフィルムやCCDに当たる光の量が少なくなる。1/125秒から1/250秒にすると、光の量も半分になる。

 この関係から、絞りの数字を1段増やして光の量を半分にしても、シャッタースピードを2倍にして光が当たる時間を2倍にすれば、同じ量の光が当たることになる。絞りを1段開けて、シャッタースピードを半分にしても同じことだ。

 なお、自分で適切な絞りとシャッタースピードを決めるのは難しい。そのため今は、ほとんどのカメラが適切な組み合わせを選んでくれる。あるいは、絞りかシャッタースピードの一方だけ自分で決めて、もう一方をカメラに決めてもらうことが多い。この方法を、絞り優先AEとかシャッタースピード優先AEという。

ろの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top