用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【電子市場】

  • eマーケットプレイス

 企業間の取り引きを行うために設置された、インターネットのウェブサイト。

 eマーケットプレイスを元の英語でフル表記すると、electronic market place ということになる。つまり、「電子的な市場」ということだ。そのため日本語では、「電子市場」や「電子取引市場」、「企業間電子取引市場」などと呼ぶこともある。

 具体的には、どこかの企業に何かを売りたいと思っている会社がある。一方で、自社に必要な部材や商品を調達したいと思っている会社がある。従来は、売りたい会社は個別に営業したり宣伝したりした。購入したい側も、広告や紹介などで必要な取引先を見つけてきた。

 しかし、eマーケットプレイスなら、どちらも簡単に取引相手を見つけることができる。見積りや契約も、インターネットを介して行うことが可能だ。複数の相手との価格や条件の交渉などもやりやすい。

 さらに、売り手と買い手がダイレクトに結びつくため、流通コストの削減や在庫リスクの低減といったメリットも期待できる。一方で、顔の見えない相手と取り引きするので、相手方の信用確認や与信管理が重要になる。

 なお、このようなカタチで企業間商取引、特に原材料などの調達を行うことを eプロキュアメントという。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top