用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【電力線通信】

  • PLC
  • 高速電力線搬送通信


 住宅やオフィスビルなどに配線されている電力線(電気を供給するための配線)を使って、LAN などのコンピュータ・ネットワークを構築する技術。

PLC は、Power Line Communication(パワー・ライン・コミュニケーション)の略で、これを日本語では一般に電力線通信と呼んでいる。正式には、高速電力線搬送通信という。

なお、プログラマブルロジックコントローラという産業用の電子機器も、PLC と略されている。これは電力線通信とは異なるものなので、別のページで説明している。必要に応じて参照してほしい。

さて、既存の建物の各部屋でインターネットを利用したいと思ったとき、後から LAN ケーブルを敷くのは大変だ。今は無線LAN の利用も多いものの、セキュリティなどの問題を考慮する必要がある。

しかし、電力線通信を利用すれば、すでに敷設されている電気の配線を使ってインターネットに接続したり、別の部屋のコンピュータと接続したりできる。もちろん同じ配線で、従来どおり電気も供給される。

電気として流れている信号は周波数が低い。一方、情報通信には周波数の高い信号が必要だ。そこで電力線通信では、周波数の低い信号と高い信号を混ぜて送信し、受信してから元の周波数に分ける。

電力線通信の通信速度は、数十から数百Mbps とされている。将来的に、電力線通信に対応したテレビ、エアコン、冷蔵庫などが普及すれば、こうした機器もネットワークにつながるだろう。ただし、混信などの問題があって、期待されたほど普及が進んでいない。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top