用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【関連付け】

 ウィンドウズパソコンで扱われるファイルは、名前の後ろにピリオドと3文字の英数字が付いている。これを、拡張子という。現在、標準設定では拡張子が表示されないようになっているけど、設定を変えれば表示することができる。詳しくは、拡張子のページを見てほしい。

 で、ウィンドウズの場合、この拡張子によってデータファイルとアプリケーションソフトが関連付けられている。

 たとえば、xls という拡張子がついたファイルをダブルクリックすると、表計算ソフトのエクセルが起動して、そのファイルが開く。これは、xls という拡張子とエクセルが関連付けられているため。

 同様に、doc という拡張子の付いたファイルをダブルクリックすると、ワープロソフトのワードが開く。ワードが入っていない場合は、ウィンドウズに標準装備されているワードパッドが開くようになっている。

 多くの拡張子とソフトは、 1対1で関連付けられている。問題は、画像ファイルや動画ファイル、音楽ファイルの場合だ。これらのファイルは種類が多い。そして、たとえば JPEGファイルは、多くのグラフィックソフトで開くことができる。それでも、ファイルをダブルクリックした際に、どのソフトで開くか関連付けがされている。

 関連付けは、変更することが可能だ。コントロールパネルから「フォルダオプション」を開いて「ファイルの種類」面を表示する。設定したい拡張子を選んで「ファイルの種類'○○'の詳細」欄の「変更」を押す。そして、関連付けしたいソフトを選べばいい。

 なお、グラフィックソフトや動画再生ソフトをインストールする際、途中で関連付けするファイル(拡張子)を選ぶ画面が出ることがある。そのままだと、たいていの場合、多くのファイルがそのソフトに関連付けされてしまうので気をつけよう。

かの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top