用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【関数】

 表計算ソフトやデータベースソフトなどで使える機能のひとつ。

 たとえば表計算ソフトなら、セル(枠)の中に計算式を埋め込んでおく。そして、そのセルか、指定してあるセルに数字を入れると、自動的に計算して答えを表示してくれる。この計算式のことを関数という。

 最も代表的な関数は、表計算ソフトのオートSUMと呼ばれるもの。指定した範囲の数字を自動的に集計して表示してくれる。数字を変更すると、表示される答えも自動的に変わる。

 この他にも、現在の表計算ソフトには、たくさんの関数が用意されている。たとえば、平均やパーセントを計算する関数、三角関数の計算をして表示する関数、利息や減価償却など経理業務に必要な計算を行う関数などなど。

 こうした関数は、あらかじめ計算式が用意されているので、必要なものを選ぶだけで簡単に使える。エクセルの場合は、画面上部の「fx」と書かれたボタンを押せば関数機能を呼び出せる。必要な関数が見つからなければ、自分で計算式を入力することもできる。

 なお、プログラム言語を使ってソフトを作ったり、スクリプトを作るような場合も、特定の作業を自動的に行わせる命令のことを関数といっている。

かの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top