用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【閉じるボタン】

  • クローズボックス

 ウィンドウズの画面で何かウィンドウ(小画面)を開くと、右上に3つの小さなボタンが並ぶ。その右端の「×」ボタンを押すと、ウィンドウが閉じる。ウィンドウズでは、このボタンを「閉じるボタン」と呼んでいる。

 ソフトを起動して作業しているとき閉じるボタンを押すと、同時にソフトが終了する。最後の状態を保存していない場合は、保存するか確認するダイアログボックスが出る。ソフトを終了しないで、一時的にウィンドウを閉じる場合は左端の最小化ボタンを使おう。

 従来のマックOS(マックOS 9 まで)の場合は、ウィンドウの左上にある四角いボタンを押すと、やはりウィンドウが閉じる。このボタンを、クローズボックスと呼ぶ。

 ただし、この操作でウィンドウを閉じてもソフトは終了しない。ソフトを終了させるには「ファイル」メニューから「終了」を選ぶといった操作が必要だ。ウィンドウズとはルールが違うので気をつけよう。

 マックOS X からは、ウィンドウの左上に3つのボタンが並ぶようになった。その左端の赤いボタンを押すと、従来のクローズボタンと同様にウィンドウが閉じる。なお、一時的にウィンドウを閉じる場合は、真ん中のオレンジ色のボタンを使う方がいい。この機能は最小化のページで。

との一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top