用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【負荷分散装置】

  • ロードバランサー

 インターネットのホームページのデータが保管されているコンピュータをウェブサーバーという。

 規模の小さな(アクセス数が少ない)サイトなら、ウェブサーバーは1台でいい。しかし、アクセス数が増えてくると、要求されたデータを送り返すのに時間がかかるようになって反応が悪くなる。つまり、そのページを見に来た人が表示を待たされる状態で、これを一般に「重い」という。

 で、これを解決する方法として、複数のウェブサーバーを設置してアクセスを分散させる方法がある。しかし、単にサーバーの数を増やしても、その中の1台にアクセスが集中していたら意味がない。どのサーバーにも均等にアクセスが分散するようにしないといけない。

 このように、複数のサーバーにアクセスを分散させる装置をロードバランサーという。日本語で、「負荷分散装置」と呼ぶこともある。

 なお、サーバーの性能が同じなら、どのサーバーにも均等に割り振ればいい。しかし、サーバーの性能にバラツキがある場合は、性能に合わせてアクセス数を分散しないといけない。こうした高度な処理をするには、ロードバランサーも性能の高いものが必要だ。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top