用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【記憶装置】

  • ストレージ
  • 内部記憶装置
  • 外部記憶装置

 コンピュータのソフトやデータを、一時的に、あるいは長期間保存しておく部品や機器を記憶装置という。代表的なものとして、メモリー、ハードディスク、フロッピーディスクなどがある。

 記憶装置は、内部記憶装置と外部記憶装置に分類される。だけど、この「内部」と「外部」の区別が、ちょっと分かりにくい。

 内部記憶装置は、CPUが直接、データをやり取りできる記憶装置のこと。具体的には、いわゆるメモリー(メインメモリー)やキャッシュメモリーが該当する。キャッシュメモリーは、CPUの中に入っている分もあるし、CPUの外に付いている2次キャッシュもある。

 メモリーはどれも、パソコンの電源を切ると書き込まれているデータが消えてしまう。そのため、パソコンを使っている間だけデータを記憶しておく装置だ。

 一方の外部記憶装置は、事実上、メモリー以外の記憶装置ということになる。フロッピーディスク・ドライブやハードディスクは、パソコン本体に内蔵されていても外部記憶装置に分類されている。

 このほか、CD-R/RWや書き込み型DVD、MO、Zip、ストリーマなど、データを記録しておく装置はたくさんある。これらも、すべて外部記憶装置になる。フロッピーディスクやハードディスクも含めて、パソコンの電源を切ってもデータが消えないし、長期間のデータ保存もできる。

 なお、記憶装置のことをストレージということもある。この場合、普通は内部記憶装置ではなく外部記憶装置を指す。さらにいうと、大型のハードディスク装置を指すことも多い。

 ストレージ(storage)は本来、「倉庫」といった意味。

きの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top