用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【記憶媒体】

  • メディア
  • 媒体
  • 記憶メディア

 コンピュータのソフトやデータを保存(記憶)しておくもの。どの言い方でも意味は同じ。

 メディア(media)を日本語に訳すと「媒体」。そして、正確には「記憶メディア」あるいは「記憶媒体」というべきなんだけど、略して「メディア」とか「媒体」ということが多い。

 具体的には、フロッピーディスク、CD-ROM、CD-R/RW、DVD、MOなどのディスクだと思えばいい。データを読み書きするドライブ(装置)の方ではなく、ドライブに挿入する円盤とか、四角いプラスチック(正確には、その中に入っている円盤)とか、これらを記憶メディアという。

 このほか、パソコンではあまり使われないけど、磁気テープにデータを記憶する装置もあって、この場合は、その磁気テープが記憶メディアということになる。

 というわけで、説明書や画面上のメッセージに「メディアを挿入してください」と書いてあったら、その状況に応じてフロッピーディスクやCD-Rディスクなどを対応したドライブに入れればいい。

 ただし最近は、上記のようなメディアは使用頻度が減っている。今では、メモリーカードや USBメモリーの方が記憶メディアとして一般的だ。

 なお、音楽関係や広告関係では「媒体にのせる」とか「メディアミックス」なんて言い方をする。この場合の「媒体」や「メディア」は「マスメディア」のこと。つまり、テレビやラジオ、新聞、雑誌などだ。

 「媒体」は本来「伝達の仲立ちをするもの」という意味で、記憶メディアもマスメディアも「情報を伝達する」ことから来ている。さらに書いておくと、media は medium という単語の複数形。

きの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top