用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【解像度】

 パソコンを使っていて、解像度という言葉に出会うのは次の 4つのケース。画面表示(ディスプレイ)、プリンタ、スキャナ、それとデジタルカメラだ。

 まずディスプレイ。画面上に、どのくらいたくさんの情報を表示できるかを表す。パソコンの画面は小さな光の点(ドット)でできている。この点を画素という。で、この点がたくさん集まって文字や画像を表示している。その点の数、というか数が多いことによってどのくらい細かく情報を表示できるかを解像度という言葉で表す。

 基本は横640ドット、縦480ドット。これをVGAという。しかし今は、こんなに解像度が低いパソコンはまずない。小型のノートパソコンでも 1280×800ドット(WXGA)くらいが標準といっていい。以前は、800×600ドット(SVGA)や 1024×768ドット(XGA)といった機種も多かった。

 さらに大型のディスプレイだと、1280×1024ドットや1600×1200ドットもOK。今は、フルハイビジョンに対応した 1920×1200ドットの液晶モニターも普及している。このように、たくさんの情報を表示できることを「解像度が高い」という。

 なお、多くのパソコンは使い方に応じて解像度を変えることができる。ただし今は液晶ディスプレイなので、その液晶パネルの最大解像度に合わせたときが最も見やすい。解像度を下げると、文字や画像は大きくなるものの、少しボケた感じになってしまう。

 次にプリンタ。どのくらい細かく(精細に)印刷できるかを dpi という単位で表す。dpi はドット・パー・インチの略で、1インチあたりのドット数を表す。つまり 2400dpi なら、1インチの間に最大 2400個の点が並ぶということ。当然、解像度が高いほど、きれいに印刷できる。

 スキャナの場合もプリンタに近い。スキャナは画像を読み取る装置なので、1インチあたり何ドットの点を読み取れるかが、そのスキャナの性能になる。現在、一般的なスキャナは 300~9600dpi 程度。目的によって必要な解像度が異なるので、一概に解像度が高ければいいというわけではない。

 最後にデジタルカメラ。これは撮影した画像の大きさが何ドット×何ドットかを表す。画素数が多いほど撮影した写真も大きくなる。つまり、ドット数が増えて解像度が上がる。現在では一般的なコンパクトデジカメでも画素数が増えて、縦横とも 3000ドットを超えていることが多い。ただし記録枚数を優先して、もっと低い解像度に設定することもできる。

かの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top