用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【被写界深度】

 写真で、ピントが合っているように見える範囲のこと。従来のフィルムカメラでもデジタルカメラでも使われる言葉。

 カメラで写真を撮るとき、本当にピントが合っているのは一点だけだ。しかし実際には、その前後にもピントが合って見える範囲があって、その範囲を被写界深度という。

 被写界深度は、レンズの種類や絞り値、被写体までの距離によって大きく変わる。そして、その特徴を利用して背景を大きくボカしたり、手前から背景までピントが合っているように見せるといった表現ができる。

 被写界深度は、焦点より手前が浅く、奥の方が深くなる。また、被写体との距離が近いと浅く、距離が遠いと深くなる。さらに、焦点距離の短いレンズ(広角)は深くなり、焦点距離の長いレンズ(望遠)は浅くなる。そして、絞りを絞り込むと深くなる。

 したがって、手前から背景までピントが合っているように見せたいときは、焦点距離の短い広角レンズを使って絞り込むといい。そして、このように画面全体にピントがあって見えることをパンフォーカスという。

 逆に、背景をボカして被写体を浮き上がらせたいときは、焦点距離が長めのレンズを使って絞り開放で撮ればいい。また、開放絞り値が小さい(明るい)レンズほど背景をボカしやすい。

ひの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top