用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【統合開発環境】

  • 開発環境

 現在のソフトウェアは、非常に複雑なプログラムの集合体になっていることが多い。そして、ソフトウェアを完成させるには、さまざまなツール(道具)を必要とする。

 まず、プログラム言語が必要だ。そして、この言語を使ってソースコードを入力するためにエディタが使われる。次に、ソースコードをコンパイルして、不具合があればデバッガと呼ばれるツールでバクを修正する。

 以前は、こうしたツールがバラバラだったけど、今はワンセットで提供されていて、それを入手すればすぐにソフトウェアの開発に着手できる。また、操作方法なども統一されているので作業しやすい。

 このワンセットのツール群を、統合開発環境と呼んでいる。英語では Integrated Development Environment といって、IDE と略すことがある。単に開発環境(Development Environment)ということもある。

 なお普通は、こうした開発用ツールをワンセットにしたものを開発環境というけど、こうしたツールを使ってソフトウェアを作成するためのコンピュータや基本ソフトなどの作業環境を開発環境ということもある。

 この場合の開発環境は、完成したソフトウェアを稼働させる本番環境に対比した概念ということができる。

との一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top