用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【素材集】

 イラストや写真、効果音などを集めてCD-ROMなどに納めたもの。パソコン店のソフト売場で売られている。

 たとえば年賀状、あるいは引っ越しのお知らせ、これらをパソコンで作ろうと思ったけど、気の利いたイラストや写真がない、といった場合に素材集が役に立つ。膨大なイラストや写真が納められているので、好きなものを選んで簡単に使うことができる。

 これらのイラストや写真のことをクリップアートともいう。今は、はがき作成ソフト(年賀状ソフト)やワープロソフトにも画像(素材)がたくさん付属しているから、使っている人も多いと思う。

 あるいは、パソコンの画面上に並んでいるアイコンを自分の好きな絵に変えることもできる。またパソコンが起動するときや終了するとき、操作を間違ったときに鳴る音、これらも変更が可能だ。こうしたアイコンや音のデータを集めた素材集もある。

 このほかに最近は、インターネットのホームページで使うボタン類や飾り罫などの素材集もある。これらは個人ホームページを作るとき利用できる。

 プレゼンテーションなどのために、短い映像(ビデオクリップ)の素材もあるけど、これはイマイチ一般的ではない。今後、パソコンでビデオ編集する機会が増えれば、こうした素材集も増えるかもしれない。

 なお普通は、こうした画像の類には著作権があって勝手に使うことはできない。ただし素材集の場合、その素材集を買うことで個人的な利用なら使用権を得られるのが一般的。商業的な利用(広告に使うとか)は、その素材集を提供している会社の考え方による。パッケージや説明書に書いてあるから、よく確認しよう。

その一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top