用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【紐付け】

  • ひもづけ

 ある文字やデータに、別の情報を関連付けること。あるいは、特定の機器に情報を関連付けることも紐付け(ひもづけ)ということがある。

 たとえば、あなたが何か会員登録が必要なサービスに加入したとしよう。そうすると普通は、会員番号やユーザーID が発行される。そしてサービスを利用するとき、その番号や ID を知らせるとサービス提供者は、あなたが誰か認識できる。

 これはサービスの提供者が、会員番号やユーザーID とあなたの個人情報を関連付けて保存しているからだ。番号や ID に対応させて、あなたの氏名・住所・電話番号、場合によってはクレジットカード番号などの情報を保管していて、必要なときに閲覧できる。これが典型的な、情報の関連付け=紐付けだ。

 このほか、電話会社は電話番号から利用者の住所・氏名・料金の引き落とし口座などが分かるし、警察は車のナンバーから所有者が分かる。これらも、情報の紐付けといえる。

 前述の、ユーザーID の例で分かるように、IT の世界でも非常に多くの紐付けが行われている。ただし専門的には、あるデータから別のデータベースを参照してより多くの情報を引き出す、あるいは引き出せるようにする、といった意味で紐付けということが多い。

 紐付けられる情報も、文字や数字に限らず画像や URL でもいい。また、元になるデータもバーコードにしたり、あるファイルに添付したタグなどでもかまわない。

ひの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top